7.19.1. タグリファレンス

このリファレンスには、Nablarchが提供するタグとその属性について記述されている。
各タグの使用方法や使用例などの詳細については JSPカスタムタグ を参照すること。
フォーム
formタグ (フォーム)
入力
textタグ (テキスト)
searchタグ (検索テキスト)
telタグ (電話番号)
urlタグ (URL)
emailタグ (メールアドレス)
dateタグ (日付)
timeタグ (時間)
datetimeLocalタグ (ローカル日時)
numberタグ (数値)
rangeタグ (レンジ)
textareaタグ (テキストエリア)
passwordタグ (パスワード)
radioButtonタグ (ラジオボタン)
checkboxタグ (チェックボックス)
fileタグ (ファイル)
selectタグ (プルダウン)
compositeKeyRadioButtonタグ (複合キーに対応したラジオボタン)
compositeKeyCheckboxタグ (複合キーに対応したチェックボックス)
radioButtonsタグ (複数のラジオボタン)
checkboxesタグ (複数のチェックボックス)
codeSelectタグ (コード値のプルダウン)
codeCheckboxタグ (コード値のチェックボックス)
codeRadioButtonsタグ (コード値の複数のラジオボタン)
codeCheckboxesタグ (コード値の複数のチェックボッス)
hiddenタグ (hidden暗号化)
hiddenStoreタグ (HIDDENストア)
サブミット
フォームのサブミット
submitタグ (inputタグのボタン)
buttonタグ (buttonタグのボタン)
submitLinkタグ (リンク)
別ウィンドウを開いてサブミット(ポップアップ)
popupSubmitタグ (inputタグのボタン)
popupButtonタグ (buttonタグのボタン)
popupLinkタグ (リンク)
ダウンロード用のサブミット
downloadSubmitタグ (inputタグのボタン)
downloadButtonタグ (buttonタグのボタン)
downloadLinkタグ (リンク)
サブミット制御
paramタグ (サブミット時に追加するパラメータの指定)
changeParamNameタグ (ポップアップ用のサブミット時にパラメータ名の変更)
出力
writeタグ (オブジェクトの値)
prettyPrintタグ (オブジェクトの値。修飾系のHTML(bタグなど)のみエスケープしない)
rawWriteタグ (オブジェクトの値。HTMLエスケープしない)
codeタグ (コード値)
メッセージ
messageタグ (メッセージ)
エラー
errorsタグ (エラーメッセージの一覧表示)
errorタグ (エラーメッセージの個別表示)
URIを指定するHTMLタグ(コンテキストパスの付加とURLリライト)
ユーティリティ
noCacheタグ (ブラウザのキャッシュを抑制する)
setタグ (変数に値を設定する)
includeタグ (インクルード)
includeParamタグ (インクルード時に追加するパラメータの指定)
confirmationPageタグ (入力画面と確認画面を共通化)
ignoreConfirmationタグ (部分的に確認画面の画面状態を無効化する)
forInputPageタグ (入力画面のみボディを出力)
forConfirmationPageタグ (確認画面のみボディを出力)

7.19.1.1. 共通属性

各カスタムタグの定義でここで定義した共通属性を参照する。

7.19.1.1.1. 全てのHTMLタグ

属性 説明
id XHTMLのid属性。
cssClass XHTMLのclass属性。
style XHTMLのstyle属性。
title XHTMLのtitle属性。
lang XHTMLのlang属性。
xmlLang XHTMLのxml:lang属性。
dir XHTMLのdir属性。
onclick XHTMLのonclick属性。
ondblclick XHTMLのondblclick属性。
onmousedown XHTMLのonmousedown属性。
onmouseup XHTMLのonmouseup属性。
onmouseover XHTMLのonmouseover属性。
onmousemove XHTMLのonmousemove属性。
onmouseout XHTMLのonmouseout属性。
onkeypress XHTMLのonkeypress属性。
onkeydown XHTMLのonkeydown属性。
onkeyup XHTMLのonkeyup属性。

7.19.1.1.2. フォーカスを取得可能なHTMLタグ

属性 説明
accesskey XHTMLのaccesskey属性。
tabindex XHTMLのtabindex属性。
onfocus XHTMLのonfocus属性。
onblur XHTMLのonblur属性。

7.19.1.1.3. 動的属性の利用

動的属性が利用可能なタグでは、定義されていない属性も設定が可能となる。

7.19.1.2. 個別属性

7.19.1.2.1. formタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
action XHTMLのaction属性。
method XHTMLのmethod属性。 デフォルトは post
enctype XHTMLのenctype属性。
onsubmit XHTMLのonsubmit属性。
onreset XHTMLのonreset属性。
accept XHTMLのaccept属性。
acceptCharset XHTMLのaccept-charset属性。
target XHTMLのtarget属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
windowScopePrefixes ウィンドウスコープ変数のプレフィックス。 複数指定する場合はカンマ区切り。 指定されたプレフィックスがマッチするリクエストパラメータをhiddenタグとして出力する。
useToken トークンを設定するか否か。 トークンを設定する場合は true 、設定しない場合は false 。 デフォルトは falseconfirmationPageタグ が指定された場合は、デフォルトが true となる。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
preventPostResubmit POST再送信防止機能を使用するか否か。 デフォルトは false 。 使用する場合は true 、しない場合は false

7.19.1.2.2. textタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
readonly XHTMLのreadonly属性。
size XHTMLのsize属性。
maxlength XHTMLのmaxlength属性。
onselect XHTMLのonselect属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
placeholder HTML5のplaceholder属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.4. telタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.5. urlタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.6. emailタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.7. dateタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.8. monthタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.9. weekタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.10. timeタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.11. datetimeLocalタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.12. numberタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.13. rangeタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.14. colorタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。値表示の際、value属性が指定されていない場合はXHTMLのvalue属性にも使用される
value XHTMLのvalue属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.15. textareaタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
rows 必須 XHTMLのrows属性。
cols 必須 XHTMLのcols属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
readonly XHTMLのreadonly属性。
onselect XHTMLのonselect属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
placeholder HTML5のplaceholder属性。
maxlength HTML5のmaxlength属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.16. passwordタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
readonly XHTMLのreadonly属性。
size XHTMLのsize属性。
maxlength XHTMLのmaxlength属性。
onselect XHTMLのonselect属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autocomplete HTML5のautocomplete属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
placeholder HTML5のplaceholder属性。
restoreValue 入力画面の再表示時に入力データを復元するか否か。 復元する場合は true 、復元しない場合は false 。 デフォルトは false
replacement 確認画面用の出力時に使用する置換文字。 デフォルトは *
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.17. radioButtonタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
value 必須 XHTMLのvalue属性。
label 必須 ラベル。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.18. checkboxタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
value XHTMLのvalue属性。 チェックありの場合に使用する値。 デフォルトは 1
autofocus HTML5のautofocus属性。
label チェックありの場合に使用するラベル。 入力画面では、このラベルが表示される。
useOffValue チェックなしの値設定を使用するか否か。 デフォルトは true
offLabel チェックなしの場合に使用するラベル。
offValue チェックなしの場合に使用する値。 デフォルトは 0
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.19. compositeKeyCheckboxタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
valueObject 必須 XHTMLのvalue属性の代わりに使用するオブジェクト。 keyNames属性で指定したプロパティを持つ必要がある。
keyNames 必須 複合キーのキー名。 キー名をカンマ区切りで指定する。
namePrefix 必須 リクエストパラメータに展開する際に使用するプレフィクス。 通常のname属性と異なり、この名称に . とkeyNames属性で指定したキー名と合致する値を通常のname属性と同様に取り扱う。 例えばnamePrefix属性に form 、keyNames属性に key1key2 を指定した場合、表示時には form.key1form.key2 でリクエストスコープに含まれる値を使用してこのチェックボックスの値を出力する。 また、サブミットしたリクエストの処理では、form.key1form.key2 というリクエストパラメータから選択された値が取得できる。 なお、name属性は、namePrefix属性とkeyNames属性で指定したキーの組み合わせと異なる名称にしなければならない特殊な制約がある。実装時はこの点に十分注意すること。
autofocus HTML5のautofocus属性。
label チェックありの場合に使用するラベル。 入力画面では、このラベルが表示される。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.20. compositeKeyRadioButtonタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
valueObject 必須 XHTMLのvalue属性の代わりに使用するオブジェクト。 keyNames属性で指定したプロパティを持つ必要がある。
keyNames 必須 複合キーのキー名。 キー名をカンマ区切りで指定する。
namePrefix 必須 リクエストパラメータに展開する際に使用するプレフィクス。 通常のname属性と異なり、この名称に . とkeyNames属性で指定したキー名と合致する値を通常のname属性と同様に取り扱う。 例えばnamePrefix属性に form 、keyNames属性に key1key2 を指定した場合、表示時には form.key1form.key2 でリクエストスコープに含まれる値を使用してこのチェックボックスの値を出力する。 また、サブミットしたリクエストの処理では、form.key1form.key2 というリクエストパラメータから選択された値が取得できる。 なお、name属性は、namePrefix属性とkeyNames属性で指定したキーの組み合わせと異なる名称にしなければならない特殊な制約がある。実装時はこの点に十分注意すること。
autofocus HTML5のautofocus属性。
label チェックありの場合に使用するラベル。 入力画面では、このラベルが表示される。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.21. fileタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
readonly XHTMLのreadonly属性。
size XHTMLのsize属性。
maxlength XHTMLのmaxlength属性。
onselect XHTMLのonselect属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
accept XHTMLのaccept属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
multiple HTML5のmultiple属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.22. hiddenタグ

動的属性の利用可否 :可

HTMLタグの出力を行わず、ウィンドウスコープに値を出力する。

重要

ウィンドウスコープは非推奨である。 詳細は、 入力データを画面間で持ち回る(ウィンドウスコープ) を参照。

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。

7.19.1.2.23. plainHiddenタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。

7.19.1.2.24. hiddenStoreタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。

7.19.1.2.25. selectタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
listName 必須 選択肢リストの名前。 カスタムタグはこの名前を使用してリクエストスコープから選択肢リストを取得する。 リクエストスコープから取得した選択肢リストが空の場合、画面には何も表示しない。
elementLabelProperty 必須 リスト要素からラベルを取得するためのプロパティ名。
elementValueProperty 必須 リスト要素から値を取得するためのプロパティ名。
size XHTMLのsize属性。
multiple XHTMLのmultiple属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
tabindex XHTMLのtabindex属性。
onfocus XHTMLのonfocus属性。
onblur XHTMLのonblur属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
elementLabelPattern ラベルを整形するためのパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $LABEL$ : ラベル $VALUE$ : 値 デフォルトは $LABEL$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
withNoneOption リスト先頭に選択なしのオプションを追加するか否か。 追加する場合は true 、追加しない場合は false 。 デフォルトは false
noneOptionLabel リスト先頭に選択なしのオプションを追加する場合に使用するラベル。 この属性は、withNoneOptionに true を指定した場合のみ有効となる。 デフォルトは ""
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.26. radioButtonsタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ id属性は指定不可。
フォーカスを取得可能なHTMLタグ accesskey属性は指定不可。
name 必須 XHTMLのname属性。
listName 必須 選択肢リストの名前。 カスタムタグはこの名前を使用してリクエストスコープから選択肢リストを取得する。 リクエストスコープから取得した選択肢リストが空の場合、画面には何も表示しない。
elementLabelProperty 必須 リスト要素からラベルを取得するためのプロパティ名。
elementValueProperty 必須 リスト要素から値を取得するためのプロパティ名。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。 選択肢のうち、先頭要素のみautofocus属性を出力する。
elementLabelPattern ラベルを整形するためのパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $LABEL$ : ラベル $VALUE$ : 値 デフォルトは $LABEL$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.27. checkboxesタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ id属性は指定不可。
フォーカスを取得可能なHTMLタグ accesskey属性は指定不可。
name 必須 XHTMLのname属性。
listName 必須 選択肢リストの名前。 カスタムタグはこの名前を使用してリクエストスコープから選択肢リストを取得する。 リクエストスコープから取得した選択肢リストが空の場合、画面には何も表示しない。
elementLabelProperty 必須 リスト要素からラベルを取得するためのプロパティ名。
elementValueProperty 必須 リスト要素から値を取得するためのプロパティ名。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。 選択肢のうち、先頭要素のみautofocus属性を出力する。
elementLabelPattern ラベルを整形するためのパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $LABEL$ : ラベル $VALUE$ : 値 デフォルトは $LABEL$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.28. submitタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
type 必須 XHTMLのtype属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
disabled XHTMLのdisabled属性。
value XHTMLのvalue属性。
src XHTMLのsrc属性。
alt XHTMLのalt属性。
usemap XHTMLのusemap属性。
align XHTMLのalign属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
allowDoubleSubmission 二重サブミットを許可するか否か。 許可する場合は true 、許可しない場合は false 。 デフォルトは true
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.29. buttonタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
value XHTMLのvalue属性。
type XHTMLのtype属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
allowDoubleSubmission 二重サブミットを許可するか否か。 許可する場合は true 、許可しない場合は false 。 デフォルトは true
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.31. popupSubmitタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
type 必須 XHTMLのtype属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
disabled XHTMLのdisabled属性。
value XHTMLのvalue属性。
src XHTMLのsrc属性。
alt XHTMLのalt属性。
usemap XHTMLのusemap属性。
align XHTMLのalign属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
popupWindowName ポップアップのウィンドウ名。 新しいウィンドウを開く際にwindow.open関数の第2引数(JavaScript)に指定する。
popupOption ポップアップのオプション情報。 新しいウィンドウを開く際にwindow.open関数の第3引数(JavaScript)に指定する。
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.32. popupButtonタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
value XHTMLのvalue属性。
type XHTMLのtype属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
popupWindowName ポップアップのウィンドウ名。 新しいウィンドウを開く際にwindow.open関数の第2引数(JavaScript)に指定する。
popupOption ポップアップのオプション情報。 新しいウィンドウを開く際にwindow.open関数の第3引数(JavaScript)に指定する。
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.34. downloadSubmitタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
type 必須 XHTMLのtype属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
disabled XHTMLのdisabled属性。
value XHTMLのvalue属性。
src XHTMLのsrc属性。
alt XHTMLのalt属性。
usemap XHTMLのusemap属性。
align XHTMLのalign属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
allowDoubleSubmission 二重サブミットを許可するか否か。 許可する場合は true 、許可しない場合は false 。 デフォルトは true
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.35. downloadButtonタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name XHTMLのname属性。
uri 必須 URI。 URIの指定方法 を参照。
value XHTMLのvalue属性。
type XHTMLのtype属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
allowDoubleSubmission 二重サブミットを許可するか否か。 許可する場合は true 、許可しない場合は false 。 デフォルトは true
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false
displayMethod 認可判定とサービス提供可否判定の結果に応じて表示制御を行う場合の表示方法。 下記のいずれかを指定する。 NODISPLAY (非表示) DISABLED (非活性) NORMAL (通常表示)

7.19.1.2.37. paramタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
paramName 必須 サブミット時に使用するパラメータの名前。
name 値を取得するための名前。 リクエストスコープなどスコープ上のオブジェクトを参照する場合に指定する。 name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。
value 値。 直接値を指定する場合に使用する。 name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。

7.19.1.2.38. changeParamNameタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
paramName 必須 サブミット時に使用するパラメータの名前。
inputName 必須 変更元となる元画面のinput要素のname属性。

7.19.1.2.39. aタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
charset XHTMLのcharset属性。
type XHTMLのtype属性。
name XHTMLのname属性。
href XHTMLのhref属性。 URIの指定方法 を参照。
hreflang XHTMLのhreflang属性。
rel XHTMLのrel属性。
rev XHTMLのrev属性。
shape XHTMLのshape属性。
coords XHTMLのcoords属性。
target XHTMLのtarget属性。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false

7.19.1.2.40. imgタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
src 必須 XHTMLのcharsrc属性。 URIの指定方法 を参照。
alt 必須 XHTMLのalt属性。
name XHTMLのname属性。
longdesc XHTMLのlongdesc属性。
height XHTMLのheight属性。
width XHTMLのwidth属性。
usemap XHTMLのusemap属性。
ismap XHTMLのismap属性。
align XHTMLのalign属性。
border XHTMLのborder属性。
hspace XHTMLのhspace属性。
vspace XHTMLのvspace属性。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false

7.19.1.2.42. scriptタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
type 必須 XHTMLのtype属性。
id XHTMLのid属性。
charset XHTMLのcharset属性。
language XHTMLのlanguage属性。
src XHTMLのsrc属性。 URIの指定方法 を参照。
defer XHTMLのdefer属性。
xmlSpace XHTMLのxml:space属性。
secure URIをhttpsにするか否か。 httpsにする場合は true 、しない場合は false

7.19.1.2.43. errorsタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
cssClass リスト表示においてulタグに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_errors
infoCss 情報レベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_info
warnCss 警告レベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_warn
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
filter リストに含めるメッセージのフィルタ条件。 下記のいずれかを指定する。 all(全てのメッセージを表示する) global(入力項目に対応しないメッセージのみを表示) デフォルトは all 。 globalの場合、ValidationResultMessageのプロパティ名が入っているメッセージを取り除いて出力する。

7.19.1.2.44. errorタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
name 必須 エラーメッセージを表示する入力項目のname属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
messageFormat メッセージ表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 div(divタグ) span(spanタグ) デフォルトはdiv。

7.19.1.2.45. noCacheタグ

動的属性の利用可否 :否

属性なし。

7.19.1.2.46. codeSelectタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
codeId 必須 コードID。
size XHTMLのsize属性。
multiple XHTMLのmultiple属性。
disabled XHTMLのdisabled属性。
tabindex XHTMLのtabindex属性。
onfocus XHTMLのonfocus属性。
onblur XHTMLのonblur属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。
pattern 使用するパターンのカラム名。 デフォルトは指定なし。
optionColumnName 取得するオプション名称のカラム名。
labelPattern ラベルを整形するパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $NAME$ : コード値に対応するコード名称 $SHORTNAME$ : コード値に対応するコードの略称 $OPTIONALNAME$ : コード値に対応するコードのオプション名称 $VALUE$: コード値 $OPTIONALNAME$ を使用する場合は、optionColumnName属性の指定が必須となる。 デフォルトは $NAME$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
withNoneOption リスト先頭に選択なしのオプションを追加するか否か。 追加する場合は true 、追加しない場合は false 。 デフォルトは false
noneOptionLabel リスト先頭に選択なしのオプションを追加する場合に使用するラベル。 この属性は、withNoneOptionに true を指定した場合のみ有効となる。 デフォルトは ""
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.47. codeRadioButtonsタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ id属性は指定不可。
フォーカスを取得可能なHTMLタグ accesskey属性は指定不可。
name 必須 XHTMLのname属性。
codeId 必須 コードID。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。 選択肢のうち、先頭要素のみautofocus属性を出力する。
pattern 使用するパターンのカラム名。 デフォルトは指定なし。
optionColumnName 取得するオプション名称のカラム名。
labelPattern ラベルを整形するパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $NAME$ : コード値に対応するコード名称 $SHORTNAME$ : コード値に対応するコードの略称 $OPTIONALNAME$ : コード値に対応するコードのオプション名称 $VALUE$: コード値 $OPTIONALNAME$ を使用する場合は、optionColumnName属性の指定が必須となる。 デフォルトは $NAME$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.48. codeCheckboxesタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ id属性は指定不可。
フォーカスを取得可能なHTMLタグ accesskey属性は指定不可。
name 必須 XHTMLのname属性。
codeId 必須 コードID。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
autofocus HTML5のautofocus属性。 選択肢のうち、先頭要素のみautofocus属性を出力する。
pattern 使用するパターンのカラム名。 デフォルトは指定なし。
optionColumnName 取得するオプション名称のカラム名。
labelPattern ラベルを整形するパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $NAME$ : コード値に対応するコード名称 $SHORTNAME$ : コード値に対応するコードの略称 $OPTIONALNAME$ : コード値に対応するコードのオプション名称 $VALUE$: コード値 $OPTIONALNAME$ を使用する場合は、optionColumnName属性の指定が必須となる。 デフォルトは $NAME$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.49. codeCheckboxタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
全てのHTMLタグ  
フォーカスを取得可能なHTMLタグ  
name 必須 XHTMLのname属性。
value XHTMLのvalue属性。 チェックありの場合に使用するコード値。 デフォルトは 1
autofocus HTML5のautofocus属性。
codeId 必須 コードID。
optionColumnName 取得するオプション名称のカラム名。
labelPattern ラベルを整形するパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $NAME$ : コード値に対応するコード名称 $SHORTNAME$ : コード値に対応するコードの略称 $OPTIONALNAME$ : コード値に対応するコードのオプション名称 $VALUE$: コード値 $OPTIONALNAME$ を使用する場合は、optionColumnName属性の指定が必須となる。 デフォルトは $NAME$
offCodeValue チェックなしの場合に使用するコード値。 offCodeValue属性が指定されない場合は、 codeId属性の値からチェックなしの場合に使用するコード値を検索する。 検索結果が2件、かつ1件がvalue属性の値である場合は、 残りの1件をチェックなしのコード値として使用する。 検索で見つからない場合は、デフォルト値の 0 を使用する。
disabled XHTMLのdisabled属性。
onchange XHTMLのonchange属性。
errorCss エラーレベルのメッセージに使用するCSSクラス名。 デフォルトは nablarch_error
nameAlias name属性のエイリアスを設定する。 複数指定する場合はカンマ区切り。

7.19.1.2.50. codeタグ

動的属性の利用可否 :可

属性 説明
name 表示対象のコード値を変数スコープから取得する際に使用する名前 省略した場合は、コードID属性とpattern属性にて絞り込んだコードの一覧を表示する。
codeId 必須 コードID。
pattern 使用するパターンのカラム名。 デフォルトは指定なし。
optionColumnName 取得するオプション名称のカラム名。
labelPattern ラベルを整形するパターン。 プレースホルダを下記に示す。 $NAME$ : コード値に対応するコード名称 $SHORTNAME$ : コード値に対応するコードの略称 $OPTIONALNAME$ : コード値に対応するコードのオプション名称 $VALUE$: コード値 $OPTIONALNAME$ を使用する場合は、optionColumnName属性の指定が必須となる。 デフォルトは $NAME$
listFormat リスト表示時に使用するフォーマット。 下記のいずれかを指定する。 br(brタグ) div(divタグ) span(spanタグ) ul(ulタグ) ol(olタグ) sp(スペース区切り) デフォルトはbr。

7.19.1.2.51. messageタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
messageId 必須 メッセージID。
option0~option9 メッセージフォーマットに使用するインデックスが0~9のオプション引数。 最大10個までオプション引数が指定できる。
language メッセージの言語。 デフォルトはスレッドコンテキストに設定された言語。
var リクエストスコープに格納する際に使用する変数名。 var属性が指定された場合はメッセージを出力せずにリクエストスコープに設定する。 リクエストスコープに設定する場合はHTMLエスケープとHTMLフォーマットを行わない。
htmlEscape HTMLエスケープをするか否か。 HTMLエスケープをする場合は true 、しない場合は false 。 デフォルトは true
withHtmlFormat HTMLフォーマット(改行と半角スペースの変換)をするか否か。 HTMLフォーマットはHTMLエスケープをする場合のみ有効となる。 デフォルトは true

7.19.1.2.52. writeタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
name 表示対象の値を変数スコープから取得する際に使用する名前。value属性と同時に指定できない。
value 表示対象の値。直接値を指定する場合に使用する。name属性と同時に指定できない。
withHtmlFormat HTMLフォーマット(改行と半角スペースの変換)をするか否か。 HTMLフォーマットはHTMLエスケープをする場合のみ有効となる。 デフォルトは true
valueFormat 出力時のフォーマット。 指定内容は、 フォーマットして値を出力する を参照。

7.19.1.2.53. prettyPrintタグ

動的属性の利用可否 :否

重要

このタグは非推奨であるため使用しないこと。 詳細は、 prettyPrintタグの使用を推奨しない理由 を参照。

属性 説明
name 必須 表示対象の値を変数スコープから取得する際に使用する名前

7.19.1.2.54. rawWriteタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
name 必須 表示対象の値を変数スコープから取得する際に使用する名前

7.19.1.2.55. setタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
var 必須 リクエストスコープに格納する際に使用する変数名。
name 値を取得するための名前。name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。
value 値。直接値を指定する場合に使用する。name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。
scope 変数を格納するスコープを設定する。 指定できるスコープを下記に示す。 page: ページスコープ request: リクエストスコープ デフォルトはリクエストスコープ。
bySingleValue name属性に対応する値を単一値として取得するか否か。 デフォルトは true

7.19.1.2.56. includeタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
path 必須 インクルードするリソースのパス。

7.19.1.2.57. includeParamタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
paramName 必須 インクルード時に使用するパラメータの名前。
name 値を取得するための名前。name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。
value 値。直接値を指定する場合に使用する。name属性とvalue属性のどちらか一方を指定する。

7.19.1.2.58. confirmationPageタグ

動的属性の利用可否 :否

属性 説明
path フォワード先(入力画面)のパス。

7.19.1.2.59. ignoreConfirmationタグ

動的属性の利用可否 :否

属性なし。

7.19.1.2.60. forInputPageタグ

動的属性の利用可否 :否

属性なし。

7.19.1.2.61. forConfirmationPageタグ

動的属性の利用可否 :否

属性なし。